MySQLのサポート期間 (EOL)

MySQLはOracle社が開発・サポートしている。Oracle社のMySQLのサポート方針は「MySQL :: MySQL Technical Support」に掲載されている。

これによると以下の3段階のサポートオプションが用意されている。

  • Premier: リリース後1-5年
  • Extended: リリース後6-8年
  • Sustain: リリース後9年以上

Extendedまで新しいバージョンアップ (x.x.1) のサポートがある。そのため,実質的にサポートオプションのExtendedがMySQLのEOL (End Of Life) とみなせる。

Oracle社のライフタイムサポート方針は同じページの「Oracle Lifetime Support Policy: Coverage for Technology Products (p.21 for MySQL)」に掲載されている。

内容を以下の表にも掲載する。

Oracle’s MySQL Release (p. 21)
ReleaseGA DatePremier Support EndExtended Support EndSustaining Support End
MySQL Database 5.0Oct 2005Dec 2011Not AvailableIndefinite
MySQL Database 5.1Dec 2008Dec 2013Not AvailableIndefinite
MySQL Database 5.5Dec 2010Dec 2015Dec 2018Indefinite
MySQL Database 5.6Feb 2013Feb 2018Feb 2021Indefinite
MySQL Database 5.7Oct 2015Oct 2020Oct 2023Indefinite
MySQL Database 8.0Apr 2018Apr 2023Apr 2026Indefinite

この表からわかるとおり,MySQL 5.5は2018-12,5.6は2021-02,5.7は2023-10,8.0は2026-04がEOLとなっている。

レンタルサーバー (shared web hosting service) ではMySQLがよく使われており,MySQLのバージョンが重要となる。

例えば,さくらインターネットでは2019-10-24にMySQL 5.5から5.7へのアップグレードが実施されている (さくらのレンタルサーバ 「データベースアップグレード機能」追加のお知らせ | さくらインターネット)。

MySQL 5.5のEOLは2018-12だがその1年後にアップグレードが実施された。EOLぎりぎりまではホスティング業者は同じバージョンのMySQLを使うのだろう。

また,MySQL 5.7の提供はリリース日の2015-10から2年3か月遅れた2018-01-18 Thuとなっている (参考: さくらのレンタルサーバ 「データベース機能」における「MySQL 5.7」提供開始のお知らせ | さくらインターネット)。新しいバージョンの対応がリリースからだいたい2-3年遅れてなされることがわかる。

2020-09-06時点ではMySQL 8.0を採用しているホスティング業者は少ない。EOLを迎える2023年まではMySQL 5.7がまだまだ現役のようだ。

MySQLのサポート期間 (EOL)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。