MariaDBのサポート期間 (EOL)

先日,MySQLのサポート期間について整理した。MySQLの互換DBであるMariaDBのサポート期間も気になったので整理した。

MariaDBのサポート期間の方針は「About MariaDB Server – MariaDB.org」に記されている。以下のとおり,リリース日から最低5年間がサポート期間 (EOL: End Of Life) とされている。

A new MariaDB Server version will be announced for General Availability approximately once a year. The MariaDB Foundation guarantees that every release will be maintained for at least 5 years.

具体的なリリース日とサポート終了日を以下の表に引用する。

MariaDB general release maintenance periods
Major and Minor Version Stable (GA) Date Five year boundary date
5.1 1 Feb 2010 1 Feb 2015
5.2 10 Nov 2010 10 Nov 2015
5.3 29 Feb 2012 1 Mar 2017
5.5 11 Apr 2012 11 Apr 2020
10.0 31 Mar 2014 31 Mar 2019
10.1 17 Oct 2015 17 Oct 2020
10.2 23 May 2017 23 May 2022
10.3 25 May 2018 25 May 2023
10.4 18 June 2019 18 June 2024
10.5 24 June 2020 24 June 2025

MySQLのサポート期間が8年なので,MariaDBはそれよりも3年短くなっている。

サポート期間の長さの違いからなのか,レンタルサーバーのホスティング業者 (shared web hosting service) でDBにMariaDBを採用しているところはほとんどない。

レンタルサーバーを使う上ではMySQLのバージョンを気にしておけばよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です