macOS Big SurのBlueGriffonでのダイアログ白紙の調査

時間が開いてしまったが、以前投稿した「MacでBlueGriffonのダイアログが白紙 – Kenchant」について、当時いろいろと調査しており、その際のメモがローカルに残ったままだった。他に困っていて調査している人の参考にしてもらうために、こちらも投稿しておく。

Twitter上でSeaMonkeyについて調べていたら、macOS Big Surのリリース直後 (2020-11-14) に、SeaMonkeyでBlueGriffonで起きていたようなダイアログの白紙が発生していたらしい (参考)。

現在の最新のSeaMonkey v2.53.8.1 (macOS Big Sur v11.3.1) では白紙が再現しない。

この人が、SeaMonkeyでの白紙の対策方法をブログにまとめていた (参考)。そのブログが「Probleme nach Update auf macOs 11.0.1 Big Sur: UI-Inhalte unsichtbar! | SeaMonkey Internet Suite」にある。

SeaMonkeyでの回避策は以下の通りだった (英語に翻訳)。

Workaround by Thomas Hallgren at NG mozilla.support.seamonkey:

A workaround that works for me is to switch to the “SeaMonkey Modern” theme.(View -> Apply Theme -> SeaMonkey Modern. A blank popup will appear. It is
supposed to say that theme changes take effect when you restart SeaMonkey. Youcan press Enter to restart now or Esc to restart later.)

Probleme nach Update auf macOs 11.0.1 Big Sur: UI-Inhalte unsichtbar! | SeaMonkey Internet Suite

テーマを [SeaMonkey Default Theme] から [SeaMonkey Modern] に変更して再起動して直ったらしい。

該当ブログの情報によると、Bugzillaに登録されている以下の2件のissueが白紙の問題を取り扱っている。

  1. 1677316 – SeaMonkey is showing blank popup menus and folder trees after upgrading to macOS Big Sur [11.0]
  2. 1677273 – Accounts and folders invisible in folder pane after upgrade to [macOs 11.0. big sur]

1個目が特に重要。2個目は同件でクローズになっている。SeaMonkey 2.53.5/macOS Big Sur v11.0.1で起きた。

白紙の原因としては以下でコメントがあった。

Apple broke compatibility with existing Applications. Again after doing it already with 10.14 ans 10.15 but that is another story.

It would be great if someone can test the current unofficial 2.53.6b1 pre at https://www.wg9s.com/comm-253/ asap. It is still profile compatible. If you want to go back afterwards you just need to reinstall 2.53.5 and then reinstall the older Lightning version provided with it via the instructions in the release notes. I just tested the build with 10.15.7 but my late mini mac 2012 is no longer compatible with Big Sur. Thanks again Apple. If this build works for you please post here. We want to do a 2.53.5.1 immediately afterwards.

comment 10 Frank-Rainer Grahl (:frg)

Appleが既存アプリケーションの互換性を破壊したらしい。SeaMonkey 2.53.5.1で直したらしい。

2020-11-16に上記のコメントを書いて、2020-11-22にコメント16で直したことを報告している。

Thunderbirdでも同じような現象が起きていた (macOS Big Sur causing issues. Thunderbird stalls and folder pane invisible. | Thunderbird Support Forum | Mozilla Support) から、おそらくこちらかFirefoxのgecko本体のパッチを取り込んで直った可能性が高い。コミットを見ても、それらしい修正がなかったから。

1677316の修正内容を分析して、おそらくBlueGriffonの本体となるgeckoの該当修正を取り込めば直るのではないかと思った。BlueGriffonのGitHubリポジトリ―のフォークの中に、最新のGeckhoを取り込んだものが「trickypr/bluegriffon: BlueGriffon, the Web editor」となる。これをビルドすれば白紙の問題が解決したりしないだろうか。

直そうと思うと自分でビルドする必要があるので、こちらにも取り組んでみたい。ひとまず調査はここまでとなる。

macOS Big SurのBlueGriffonでのダイアログ白紙の調査” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です