インストール: LinuxでのMSフォント | LinuxでもMSフォントを使いWindowsでのスタイル崩れを予防

MSフォントのLinuxへのインストール方法を記す。

導入

先日,LibreOfficeでスキルシートを作成した。その後にエージェントに提出しようとしたところで思いとどまる。何故か?それは,結局提出後にエージェント側で微調整されたものを印刷されて当日持参されるからだ。

いくらLibreOfficeで完璧なスキルシートを作成できても,Microsoft Officeでレイアウトが崩れた状態が間に挟まってしまうため,最終印刷の品質も落ちてしまう。

レイアウト崩れの原因の一つとして,フォントの問題がある。今までは,過去に調査した通りWindowsとLinuxの標準フォントを使ってきた。全OSで共通して存在するフォントは存在しないので,どこかに合わせる必要がある。

提出先がWindowsを使う都合,LinuxのLibreOfficeのスタイルでもWindowsの標準フォントを使うのが無難だ。

そこで,LinuxでWindows標準フォントのMSフォント (MS 明朝 (MS Mincho),MS ゴシック (MS Gothic)) を使う方法を調査した。

MSフォントの入手

LibreOfficeをMS OFFICEにする−LinuxでMS WINDOWSのフォントを使う方法! : Windowsはもういらない」の内容を参考にした。

MS
フォントも他のフォントと同様に,フォントファイルが存在する。そのため,このフォントファイルさえ入手できればLinuxでもMSフォントが使用可能と
なる。それで,肝心のフォントファイルの入手方法だが,MSフォントはプロプライエタリーなライセンスのため,当然ながらインターネット上からの入手は不可能だ。仮に入手できたとしてもそれはライセンス違反になる可能性が高い。

そこで,既存の手持ちのWindowsマシンからコピーして入手
ることにする。この方法もライセンス的にどうなのかという懸念はある。ただし,自己所有のWindowsマシンからのコピーであり,第三者への再配布でも
なく,あくまで自分の他のPCでのローカルでの閲覧用に使うだけだ。そのため,個人利用の範疇となり,問題にはならないだろうと予想する。このあたりは自
己責任で行う。

MSフォントはC:\Windows\Fontsに存在する。

MSフォントファイルの場所

Explorer.exeからは(MS 明朝 (MS Mincho),MS ゴシック (MS Gothic)) としか見えないが,cmd.exeからはこれらのフォントファイル (msgothic.ttc, msmincho.ttc) を確認できる。これらのフォントを選択してコピーペーストするとフォントファイル名を確認できる。

これらのフォントファイルをUSBメモリーなどに格納し,Linuxマシンに移動させる。

インストール

フォントファイルさえ入手できれば後は他のフォントファイルと同様にインストールするだけだ。

Linuxでのフォントのインストール手順は「How to install fonts on Linux」にも書いた通り,以下のいずれかに配置する。

  • システム全体: /usr/local/share/fonts/
  • ユーザー専用: $HOME/.local/share/fonts/

迷ったら管理者権限の不要な~/.local/share/fontsに配置すればよいだろう。Windowsからコピーしたmsgothic.ttc, msmincho.ttc~/.local/share/fontsに配置すればLinuxへのMSフォントのインストールは完了だ。

msgothic.ttcmsmincho.ttcにはそれぞれ以下のフォントが含まれている。

  • msmincho.ttc: MS 明朝 (MS Mincho),MS P 明朝 (MS PMincho)
  • msgothic.ttc: MS ゴシック (MS Gothic)),MS P ゴシック (MS Gothic)),MS UI Gothic (MS UI Gothic)

実際にUbuntu 18.04のLibreOffice Calc 6.0.7.3で以下の通りにMSフォントが選択できることを確認できた。

LibreOffice CalcでのMSフォントの選択

LinuxへのMSフォントのインストールは以上となる。

結論

LinuxへのMSフォントのインストール方法を記した。

全OSに共通のフォントが存在すれば,フォントの違いによるレイアウト崩れはそもそも発生しない。しかし,現実にはWindows, Mac, Linux, Android, iOSなど多様なOSの標準に共通で存在するフォントは存在しない。自分でフリーフォントをインストールすれば自分のデバイス間では共通化できるが,他人のマシンにわたる文書では通用しない。

遺憾だが,レイアウト崩れによる問題を避けるには,利用者の多いWindowsユーザーのフォントに合わせておくのが無難だ。今後は他人が編集する可能性のあるファイルのフォントにはMSフォントを使うようにしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です