Jetson Nanoの日時の同期方法

前回の「Jetson Nanoでの無線LAN接続時のDNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGの対応 – senooken.jp」の最後に時間の設定について書いた。今回はその続きとなる。Jetson Nano 32.4.3-20200625213809で確認した。

Jetson Nanoには時計の電池が内蔵されていないため,再起動すると,日時が毎回リセットされる。現実の日時とOSの時刻が異なるため,作業で何かと困る。

例えば,HTTPSのサイトにアクセスする際には,証明書の有効期限の確認のため,日時があっていないと警告が表示される。他にも,GitのコミットやMakeなどもファイルの編集日時などを参照するため,日時があっていないと困る。

一時的に直したいだけであれば,以下のようにdate -sコマンドで解決する。

sudo date -s "2020-02-23 20:00"

ただ,毎回実行するのは面倒くさい。調べたところ,「Jetson TX2 time is wrong at every boot – Jetson & Embedded Systems / Jetson TX2 – NVIDIA Developer Forums」の内容が参考になった。

以下のようにsystemdのサービスを有効にする。

sudo systemctl enable systemd-timesyncd.service

これで時刻同期のサービスが登録され,OS起動後に同期してくれる。ただし,インターネット接続が必要なので注意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です