ThunderbirdのCardBookアドオンによるアドレス帳へのフリガナの記録方法

読みの難しい漢字の人の連絡先をアドレス帳へ登録する際に,読みがな・フリガナ (振り仮名) を記録したい。

ThuderbirdとCardBookアドオンにはデフォルトではフリガナの入力欄がない。工夫することでフリガナを記録できたので,そのことを記す。Ubuntu 20.04のThunderbird 68.1.0.0とCardBook v46.1で確認した。

CardBookアドオンが元にしているvCard v4.0にはSORT-ASプロパティパラメーターがあり,このプロパティを使うことで,データとしてはふりがなを保存することが可能だ (参考: vCard 4.0 と「フリガナ」: 日誌)。しかし,CardBookアドオンはSORT-ASに対応していない

ではどうするのかというと,以下のように [NICKNAME] の欄で代用する。

CardBookアドオンの連絡先画面

Nicknameは名前通りニックネームを入力する欄であるが,別にここにふりがなを入力しても問題ない。データとしてふりがなが存在すれば,例えば,宛先でメールアドレスを入力する際に,ふりがなで補完してメールアドレスを入力することができたり,ふりがなでの検索を利用可能になる。

本来であれば,SORT-ASプロパティが最適であるが,実務上はNICKNAMEプロパティでもなんとかなる。

なお,OTHER NAMEにはミドルネームを入れるので用途が違う。

John Quinlan Publicという英語圏の名前の人がいる場合,Johnが名,Quinlanがミドルネーム,Publicが姓となる。

簡単な方法であるが,調べても同じ問題の解決方法がなかったので,記録のために残した。連絡先を保存する際は,ふりがなもできるだけ記録しておこう。

ThunderbirdのCardBookアドオンによるアドレス帳へのフリガナの記録方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です