GIMP: テキストの縁取り

写真などにテキストを挿入すると,そのままでは背景とごちゃまぜになってテキストがよく見えない。

このような場合に,テキストの視認性を上げる方法が何通りかある。その中で,テキストの縁取り (ふちどり) は特にテキストを強調でき,視認性が高くなる。

そこで,Ubuntu 20.04のGIMP 2.10でテキストの縁取り方法を記す。「GIMP 文字を縁取りしてみよう」を参考にした。

基本的な考え方として,テキストの裏に縁取り用のレイヤーを用意して,このレイヤーで縁取りを実現する。と異なり,手順が若干複雑なので注意する。

1. [Tools]>[Text] からテキストを入力する。

2. テキストのレイヤーを右クリック>[Alpha to Selection] (不透明部分を選択範囲に) を選ぶ。これにより,テキストが選択される。

3. [Select]>[Grow]>[Grow selection by]=[5 px]>[OK] を選び,選択範囲を拡大する。これで縁取りのサイズを指定する。これにより,選択範囲が拡大され,縁取った状態の範囲が選択される。

4. [Layer]>[New Layer] を選んで新しいレイヤー (レイヤー名の例: [Layer]) を作成する。

5. 作成したレイヤーをテキストの下のレイヤーにドラッグで移動させる。

6. 新規作成したレイヤーを選んでから,[Edit]>[Fill with BG Color] などで縁取りを塗りつぶす。

以上でテキストの縁取りの完了となる。必要に応じて,レイヤーを結合したり連結しておくと,その後の作業がやりやすくなるだろう。

今回は一番シンプルな方法を整理した。この他,縁取りをぼかしたり,縁取りを二重にすることもできる。必要になったタイミングで手順を整理したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です