GIMP: テキストの影

写真などにテキストを挿入すると,そのままでは背景とごちゃまぜになってテキストがよく見えない。

このような場合に,テキストの視認性を上げる方法が何通りかある。その中で,テキストに影を付けるのはお手軽な方法だ。これにより,テキストが背景から浮かび上がり,視認性が上がる。

今回はUbuntu 20.04のGIMP 2.10でテキストに影を落とす方法を記す。「GIMP テキストに影を付けてみよう」を参考にした。

GIMP 2.10で影の適用はDrop ShadowとDrop Shadow (legacy) の2種類のフィルターで実現できる。

  • Drop Shadow: 影が同じレイヤーに適用される。
  • Drop Shadow (legacy): 影が別のレイヤーに作られる。

レイヤー分けの有無が違いだ。基本的には,[Drop Shadow] で十分だと思うので,こちらの手順を記す。

1. [Tools]>[Text] からテキストを入力する。

2. [Filters]>[Light and Shadow]>[Drop Shadow…] を選ぶ。

3. [Drop Shadow] 画面が表示されるので,影を調整する。[Opacity] で影の濃さを調整できる。その他,[Color] で色を指定する。[Split view] にチェックを付けると,影適用の前後が分割表示される。調整を終えたら [OK] を選ぶ。

これでテキストに影を適用できる。

テキストの視認性を向上させるのに簡単で手っ取り早い方法なので,ぜひ駆使したい。

GIMP: テキストの影” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です