Ubuntu 18.04で設定画面表示の失敗への対応

Ubuntu 18.04にアップグレードしてから設定画面を開けなくなってしまった。

具体的には,右上メニューの左下や [Activities] から [Settings] を選択しても,何も画面が表示されず,設定画面を開けなかった。


Ubuntuの設定画面

設定画面を開けなくても,通常作業には困らなかったので,半年ほど放置していた。

別の問題に対応するために設定を変更する必要があり,重い腰を上げて解決方法を調べた。

Cannot access to (or find out) main Settings program – Ask Ubuntu」の質疑応答で解決した。以下のコマンドで設定画面のプログラムである [gnome-control-center] を再インストールすることで解決した。

sudo apt install --reinstall gnome-control-center

どうやら何らかの作業でgnome-control-centerをアンインストールしてしまったのだろう。

Cannot access to (or find out) main Settings program – Ask Ubuntu」の質疑応答で解決した。以下のコマンドで設定画面のプログラムである [gnome-control-center] を再インストールすることで解決した。

sudo apt install --reinstall gnome-control-center

どうやら何らかの作業でgnome-control-centerをアンインストールしてしまったのだろう。

インストール後,設定アイコンを選択し直すか,端末からgnome-control-centerを実行すると以下のように設定画面を開けた。

Ubuntuの設定画面 (Settings)

解決してよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です