論文などで目にする略語 cf., e.g., i.e., et al.,

cf.
ラテン語のconfer
英語のcompareと同じで
比較せよ,参照という意味
http://ejje.weblio.jp/content/cf.

c.f.
は誤り。真ん中のドットは不要。
読むときはcompareと発音する。
http://www.eigowithluke.com/2011/12/cf/

e.g.
ラテン語のexampli garatiaの略
英語ではfor example

http://ja.wiktionary.org/wiki/e.g.

cf. ex.

i.e.
ラテン語の id est
発音あいいー
英語ではthat is
すなわち,つまり,言い換えればという意味

http://www.masahiko.info/life/archives/000799.html

et al.
ラテン語のet alia の略
エトールという発音に近い
英語で書くと,and others
および,そのほかという意味
3名以上の共著者がいる文献を紹介・引用するときに使う。2名のときは使っちゃダメ

http://www.masahiko.info/life/archives/000791.html

etc.
ラテン語の et ceteraの略
エトセトラと読む
などという意味
英語で書くと,and so on &c とも略せる。

《参考》
http://d.hatena.ne.jp/satomilogy/20090217/1234887577
http://d.hatena.ne.jp/kynbit/20100111/1263201142#20100111f2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

全角のスペース

次の記事

GNU プロジェクト