英語

英語でなにかちょっとしたことをかこうとするときに,なんだか前置詞だとかをどうすればよいのかわからなくて困ることがよくある。大学院の試験のためにTOEICを去年の4-6月頃に一生懸命勉強したけれど,あんなのあんまり役に立たない…。もう少し,英語のルール・法則・原理というものを理解しないといけない…。そのために,英文法をもう一度きちんと勉強する必要があると感じた。

 以前もこんなことを考えて,「English Grammer in Use」というアマゾンの英語部門でランキング一位の本を購入したのだけれど,全文が英語で書かれているのでなかなか読むのがつらくてほぼ三日坊主…orz。

 今回は英文法に絞ってamazonで本を探すと一位は「Forest」という本であった。今第六版になっている。なんと高校の時に買わされた本(当時第4版)だった。あのときに英語の西野先生は「これ一冊やれば十分。黙ってやりなさい」とか言っていいた気がするけれど,あの先生の授業のやり方が気に入らなくて信じていなかった。実際に本を読んでも量が多くてあまりやる気にならなかった。

 実は先生の言っていることは正しかったのだろうか?もう一度英語の勉強をしてみようかね。英語の論文とか解析ソフトのマニュアルとかたいてい英語だから,読むのがつらいや…。英語うまくできればいろいろなことができるのだろうな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です