macOSのFinderの対応プロトコル

Macの標準ソフトウェアでリモートデスクトップ接続のソフトがないか調べていると、ファイラーのFinderで行えることを知って驚いた。気になったのでFinderが対応している通信プロトコルを整理した。

macOS 11 Big Surで確認した。

情報源

調査結果を以下の表に整理した。

Finderで利用可能な通信プロトコル
プロトコル スキーム 説明
AFP (Apple Filing Protocol) afp ファイル共有 (macOS)。
CIFS (Common Internet File System) smb ファイル共有 (古いWindows)。
FTP (File Transfer Protocol) ftp ファイル共有 。読込専用。
FTPS (File Transfer Protocol over SSL/TLS) ftps ファイル共有。読込専用。
NFS (Network File System) nfs ファイル共有 (UNIX)。
SMB (Server Message Block) smb ファイル共有 (Windows)。
VNC (Virtual Network Computing) vnc リモートデスクトップ。
WebDAV (Web-based Distributed Authoring and Versioning) http/https ファイル共有 (HTTPベース)。

ファイル共有が基本となっている。FTPだけ読込専用な点は注意が必要だが、主要なファイル共有のプロトコルには一通り対応しているようだ。ただ、この中に唯一ファイル共有とは異なるVNCが入っているのは違和感がある。

Macにはリモートデスクトップのクライアントソフトは他に入っていないので、場合よにってはFinderのVNC接続機能に頼るしかなさそうだ。

なお、これらのサーバーへ接続するには、Finderから [Go]-[Connect to Server] を選び、smb://DNSname/sharenamesmb://IPaddress/sharenameのような形式でURIを指定して接続する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。