Eclipseのフィーチャー・プラグインの確認とアンインストール方法

IDEのEclipseを使い始めて、フィーチャーやプラグインという言葉が出てきた。これらの言葉の意味とインストール済みのものの確認・アンインストール方法を整理した。Eclipse2022-06 (4.24.0) で確認した。

IDEのEclipseにはフィーチャー (Features)とプラグイン (Plug-ins) というものがある (Help – Eclipse Platform)。

ある特定機能に関するプラグインがまとまったものがフィーチャーだ。フィーチャー単位でダウンロードやインストールが可能になる。

プラグインはEclipseに機能を追加するソフトウェアを指すようだ (公式マニュアルから定義を見つけられなかった)。文脈次第だが、Eclipseで単にSoftwareという単語が出てきたら、プラグインのことだと思ってよさそうだ。

Eclipseにインストールされたフィーチャー・プラグインは [Help]-[About Eclipse]-[Installation Details] から確認できる。更新とアンインストールもこちらの画面から行える。

[Installed Software] の [Name] にはフィーチャーとプラグインの両方が混在して表示されている。ここでフィーチャーやプラグイン単位で更新やアンインストールができる。

なお、こちらのAboutの他に、[Help]-[Eclipse Market]-[installed] タブからは [Eclipse Market] からインストールしたフィーチャー・プラグインの確認とアンインストールができる。

例えば、自分でローカルファイルからインストールするなど、Eclipse Market以外からインストールしたフィーチャーはこちらには表示されず、アンインストールもできない。

Eclipseにインストール済みの全機能を確認する場合は、やはりAboutから確認するのがベストだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。