SeaMonkey Composerで強制スペースの回避

SeaMonkey ComposerでHTMLを記述していると、72バイト目で強制的に改行が入る。

HTMLでは、通常複数のスペースや、改行、タブなどのホワイトスペースは、1個のスペースとして取り扱われる。

そのため、英語であれば、改行が入っても問題ない。しかし、日本語はスペースで区切らないため、文中にいきなりスペースが挿入されてしまう。

SeaMonkeyの設定を修正することで、回避できるのでその方法を記す (参考: SeaMonkey Composerについて&空白が入る問題の解決法 | オカマニブログ)。

macOS Big Sur (v11.3.1)、SeaMonkey v2.53.8.1で確認した。

[Preferences]-[Category]-[Composer] を選び、[✅Preserve original source formatting] をオンにする。

これで、余計なスペースが勝手に挿入されない。

ついでに、一番下の [✅Return in a paragraph always creates a new paragraph] もオンにしておくといい。

これをオンにすることで、p要素でEnterで改行すると、自動的に新しいp要素で次の行を始めてくれる。逆に、これをオンにしないと、改行は単なる<br>としてしか、認識されない。

SeaMonkey Composer単体での設定項目は少ないが、ひとまずこの2点だけは最低限設定しておけば問題ないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です