インストール: Vue CLI | Vue.jsでの単一ファイルコンポーネント開発に必要なコマンドツール


インストール: Vue CLI | Vue.jsでの単一ファイルコンポーネント開発に必要なコマンドツール

Vue.jsの単一ファイルコンポーネントでの開発を行う上で,Vue CLIというVue.jsのためのコマンドラインツールをインストールする必要がある (参考: 単一ファイルコンポーネント — Vue.js)。

Vue CLIの公式サイトの「Installation | Vue CLI」を参考に,Vue CLIのインストール手順を記す。

npm 6.4.10,@vue/cli 4.5.10で確認した。

Vue CLIはnode.jsのパッケージマネージャーのnpmyarnコマンド一発でインストールする。

以下のコマンドでVue CLIをインストールする。

npm install -g @vue/cli

これにより,vueコマンドがグローバルにインストールされる。

Vue CLIを更新する際は,以下のコマンドでパッケージを更新する。

npm update -g @vue/cli

上記コマンドは,グローバルインストールされたVue CLIの更新となっている。プロジェクト単位で,Vue CLIをインストールしており,こちらを更新したい場合,プロジェクトディレクトリー内で以下のコマンドを実行する。

vue upgrade

Vue CLIのインストール自体は簡単だが以上となる。Vue CLIを用いて,Vue.jsの単一ファイルコンポーネント開発環境の用意を引き続き探りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です