GNOME Shell (Ubuntu 20.04) のドックの自動非表示

GNOMEデスクトップ環境 (ウィンドウマネージャー=GNOME Shell) では,デフォルトでは左端にドックと呼ばれるアプリケーションランチャーが表示されている。

よく使うアプリを登録して,素早く起動できていいのだが,作業スペースを専有してしまうのがよくない。

こちらを自動的に非表示にする設定があるので,これの設定方法を備忘録として残す。「dock – Hiding the sidebar in Ubuntu – Ask Ubuntu」を参考にした。

[Settings]>[Apperance]>[Dock]>[Auto-hide the Dock] を [ON] にする。

以下のコマンドでも設定できる。

gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock dock-fixed false

GNOME Shellの拡張機能のdash-to-dockで実現されているようで,gnome-control-centerから一発でこちらの画面を開くことはできなかった。

これである程度の勢いでマウスを左端にぶつけない限りは,ドックが非表示になる。これにより,画面の専有もなくなり,画面スペースが広くなった。地味な設定だが,作業効率を向上させる上では重要な設定だ。

今後もGNOME環境ではこちらの設定を忘れずに行いたい。

GNOME Shell (Ubuntu 20.04) のドックの自動非表示” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です