インストール済みXディスプレイマネージャーの確認方法

概要

現在使っているGNU/LinuxにインストールされているXディスプレイマネージャー (XDM) に何があるか確認したくなった。

インターネットで調べても意外と情報がなかったので,自分で考案した確認方法を記録として残したい。Ubuntu 20.04で確認した。

方法

基本的にXDMのコマンドやそのsystemdのユニットファイルの有無を確認して実現する。基本的にXDMはファイル名にdmを含むので,*dm*のワイルドカードで検索してヒットしたファイル名から有無を類推する。

1. XDMがよく格納されている/usr/sbinを確認する。

ls -1 /usr/sbin/*dm*
/usr/sbin/dmidecode
/usr/sbin/gdm3
/usr/sbin/lightdm
/usr/sbin/lightdm-session
/usr/sbin/lpadmin
/usr/sbin/rdmsr
/usr/sbin/sendmail

この中からgdmlightdmが見つかる。

2. XDMの基本実装であるxdmは/usr/binに格納されているので,こちらも確認する。

ls /usr/bin/*dm*
/usr/bin/arecordmidi
/usr/bin/dm-tool
/usr/bin/dmcs
/usr/bin/fwupdmgr
/usr/bin/gdm-screenshot
/usr/bin/gdmflexiserver
/usr/bin/mk_modmap
/usr/bin/mysqladmin
/usr/bin/mysqlauditadmin
/usr/bin/mysqlrpladmin
/usr/bin/orca-dm-wrapper
/usr/bin/ppdmerge
/usr/bin/rdma
/usr/bin/svnadmin
/usr/bin/xmodmap

残念ながらこちらには見当たらなかった。

3. 最後にsystemdのユニットファイルが格納されている/lib/systemd/system/を確認する。

ls /lib/systemd/system/*dm*
/lib/systemd/system/dmesg.service
/lib/systemd/system/gdm.service
/lib/systemd/system/gdm3.service
/lib/systemd/system/initrd-udevadm-cleanup-db.service
/lib/systemd/system/lightdm.service

gdm, gdm3, lightdmが見つかった。gdm3gdmへのシンボリックリンクになっているため,両者は同じとみなして良い。

結論

以上でインストール済みのXDMの確認方法を整理した。

この方法で,Ubuntu 20.04ではgdm3とlightdmがインストールされていることを確認できた。

XDMを切り替えたい場合に,他に何のXDMが存在するかを確認したい際にこの手順で調べたい。

インストール済みXディスプレイマネージャーの確認方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です