就職報告: 1年のニート期間を経て派遣で仕事復帰

12/07 Monから派遣社員として,仕事を再開することにしたので,報告する。

今回は12/07 Monから3月末までの派遣社員の仕事となる。JavaScriptライブラリーのVue.jsを用いた開発の仕事で,基本的にはリモートワークときいている。時給は2500円で09:00-17:30の7.5時間のフルタイムでの勤務となっている。派遣会社はパーソルテクノロジースタッフだ。

6月から質重視で仕事探しをしており,現在まで継続していた。10月11月に株式投資で大負けして,お金がなくなってしまったので,退場を決意して諦めて若干基準をゆるくして仕事探しに舵を切った。

2020年1月からはほとんど仕事をせずに個人事業主として自己勉強を兼ねて自社開発をしていた。9月からは株式投資に専念していた。結局,自分一人でのお金儲けは難しいということがわかっただけだった。

今回,派遣で今まであまり経験のなかったモダンなWebフロント開発の経験が積めるまたとない機会だった。求人が急募で若干怪しい感じもするが,ちょうどHTML5プロフェッショナルの試験の有効期限が来年3月に控えており,どこかでJavaScriptをしっかり勉強したいと思っていたので,絶好のタイミングだった。

ただ,来年3月で仕事が終わるので,4月以降は正社員として入社できるように,正社員採用の就職活動も並行して継続する。

1年のニート期間で,株式投資での敗北と420万円の借金だけが残ってしまった。当面は借金420万円の返済のためにしっかり確実にお金を貯めていきたい。底辺からの再出発となるが,諦めずに頑張りたい。

就職報告: 1年のニート期間を経て派遣で仕事復帰” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です