NVIDIA JetsonのGPU/CPU負荷の評価方法

NVIDIA JetsonでのGPU/CPU負荷の評価方法を整理する。

LinuxなどでのGPU負荷の監視にはnvidia-smiというコマンドがよく使われているようだが,NVIDIA Jetsonではインストールされていない。

代わりに,tegrastatsコマンド (参考: NVIDIA Jetson Linux Developer Guide : Applications and Tools | NVIDIA Docs) で確認できる。

なお,この他にも外部ツールがあるが,標準ツールで事足りるので,tegrastasコマンドの使い方だけ整理する。

tegrastatsコマンドを実行すると,1秒毎に以下のように性能を出力する。出力感覚は--intervalオプションでms単位で変更できる。

RAM 1170/3956MB (lfb 496x4MB) SWAP 0/1978MB (cached 0MB) CPU [20%@1479,21%@1479,33%@1479,29%@1479] EMC_FREQ 0% GR3D_FREQ 34% PLL@38C CPU@39.5C PMIC@100C GPU@39C AO@46C thermal@38.75C POM_5V_IN 3129/3129 POM_5V_GPU 160/160 POM_5V_CPU 922/922

基本的に必要な情報は以下3点だ。

  • メモリー使用量: RAM 1170/3956MB
  • CPU使用率: CPU [20%@1479,21%@1479,33%@1479,29%@1479] (@以後は周波数)
  • GPU使用率: GR3D_FREQ 34%

10分など適当な時間tegrastatsを実行してそのログを表計算ソフトで整理して集計する。区切り文字として,”, [@]/” を指定すれば,きれいにデータが列に分かれて集約できる。

簡単だが,NVIDIA Jetsonでの基本的な性能評価として,tegrastatsコマンドを使いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です