Amazon RDSのバックアップストレージの課金条件

AWSを使っていてRDSに関して身に覚えのない課金がなされていた。課金の理由と課金の解除方法をカスタマーサポートに問い合わせて回答をもらえたので,備忘録として記録する。

概要

2020年7月にAWS Elastic
Beanstalk経由でRDSを使っていた。使わなくなったので,7月末にインスタンスを削除した。基本的に,AWSの無料利用枠の範囲内であるため,課金は発生しないだろうと思って確認したら,以下の通りに8月に既に課金が発生していた。

請求は「Billing Management Console」から確認した。肝心の課金内容は以下の通りとなっていた。

USD 0.095 per GB-month of backup storage exceeding free allocation 0.164 GB-Mo $0.02

バックアップストレージが無料割り当てを0.164 GB/月超過していたため,0.02 USDの課金が発生したようだ。なお,8/3 Monに確認した際は,0.055 GBの超過で0.01 USDの請求だった。使用量は月平均で計算しているようだ。

しかし,AWS Elastic Beanstalkのインスタンスを削除したので,特にストレージを使った覚えはない。

問い合わせの回答

調べてもよくわからず,行き詰まったため,カスタマーサポートに2020-08-03 Monに問い合わせた。すると,翌日に以下の通りの回答がきた。

RDSのバックアップストレージというのは、具体的にはスナップショットを意味します。

本アカウントでは7月28日(UTC ※+9時差があるため日本時間では29日)にRDSインスタンスを削除いただいていますが、その際に最終スナップショットを取得していたかと存じます。
DBインスタンスを終了した後にスナップショットを保持している場合は、その時点から1GB(月平均)あたり0.095USD /月の費用が発生致します。

▼RDS料金表 > バックアップストレージ
https://aws.amazon.com/jp/rds/mysql/pricing/?pg=pr&loc=2#Backup_Storage
——————-
バッ
クアップストレージは、自動化されたデータベースバックアップや、お客様が作成した DB
スナップショットに関連付けられたストレージです。バックアップ保持期間の延長や DB
スナップショット数の増加により、データベースによって消費されるバックアップストレージは増大します。

(中略)

DB インスタンス終了後のバックアップストレージの料金は毎月 0.095USD USD/GiB です。
——————-

スナップショットを削除すれば請求は止まりますので、コンソールのスナップショットのページで確認いただき該当のスナップショットを削除してください。

▼RDSコンソール(東京リージョン)>スナップショット
https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/rds/home?region=ap-northeast-1#snapshots-list:tab=manual

▼スナップショットの削除
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_DeleteSnapshot.html

ご案内は以上となりますが、引き続きご不明点や説明に分かりにくい点がございましたら、お気兼ねなくお問合せください。

AWS サポートダッシュボード

こちらの質問通り,課金の条件と,課金の解除方法を回答してもらえた。

この「バックアップストレージ」というのが,スナップショットの保存領域を指しており,DBインスタンス終了後のバックアップストレージは毎月0.095 USD/GiBの課金対象となっていた。

バックアップストレージ

バックアップストレージは、自動化されたデータベースバックアップや、お客様が作成した DB スナップショットに関連付けられたストレージです。バックアップ保持期間の延長や DB スナップショット数の増加により、データベースによって消費されるバックアップストレージは増大します。

  • バックアップストレージはリージョンごとに割り当てられます。バックアップストレージの合計容量は、そのリージョンのバックアップすべてに対するストレージの合計と等しくなります。

  • DB スナップショットを別のリージョンに移動すると、移動先リージョンのバックアップストレージが増加します。

  • リージョンの総データベースストレージの 100% に達するまで、バックアップストレージに対する追加料金は発生しません。(当社のデータベース管理経験を基にすると、ほとんどのデータベースでは、バックアップに必要となる raw ストレージがプライマリデータセットに必要となる raw ストレージよりも少なくて済みます。つまり、ほとんどのお客様にはバックアップストレージの料金が発生しません)

    • たとえば、月にデータベースストレージ 500 GiB がプロビジョンされる MySQL DB インスタンスと、月にデータベースストレージ 200 GiB がプロビジョンされる PostgreSQL DB インスタンスとが存在する場合、最大 700 GiB/月のバックアップストレージが無料で提供されます。
    • マルチ AZ とシングル AZ の設定は、バックアップストレージでは同様に扱われます。
  • プロビジョニングされたデータベースストレージ用の追加のバックアップストレージの料金は毎月 0.095USD USD/GiB です。

  • DB インスタンス終了後のバックアップストレージの料金は毎月 0.095USD USD/GiB です。

料金 – Amazon RDS for MySQL | AWS
スナップショットの削除

課金の条件がわかったところで,課金を解除するために,RDSのスナップショットを削除する。質問の回答に合った「スナップショットの削除 – Amazon Relational Database Service」を参考に行う。

1. まずRDSのコンソールにアクセスする。

2. ナビゲーションペインから [スナップショット] を選ぶ。

3. スナップショットを選んで [アクション]>[スナップショットの削除] を選ぶ。

4. 確認ページで [削除] を選ぶ。

以上だ。スナップショットの削除自体は難しくない。

結論

AWS RDSに関する見に覚えのない請求について記した。先日のElastic IPアドレス (EIP) の課金に続く,AWSでの課金のトラブルだった。

今回のRDSとEIPの課金はうっかりしてしまう部分なので気をつけたい。特に,インスタンス終了後のスナップショットは他のAWSのサービスでもありそうなので,インスタンス終了時には注意したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です