ブータブルUSBのVirtualBoxでの起動方法

念願のFSFのメンバーカードの入手」で報告した通り,Trisquel GNU/LinuxのブータブルUSB型メンバーカードのデータ化して,VirtualBoxで起動した。

これが思っていたより難しくて時間がかかったので,次回ブータブルUSBをデータ化する際の参考にするため,手順を残しておく。

もっとも,Marcio H zuchiniが回答した「live usb – How to boot from a USB drive in VirtualBox? – Ask Ubuntu」に従っただけだ。

同じページのDavid Faureが回答しているように,単純にddコマンドでUSB (/dev/sdbなど) をiso化してそれを読み込ませれば,うまくいくだろうと予想していたのだが,うまくいかなかった。

基本的に,VirtualBoxの管理コマンドでVirtualBox用のデータ形式に変換して読み込ませる。

まず,最初に以下のコマンドを実行して現在のユーザーをvboxusersグループとdiskグループに追加する。

sudo usermod -a -G vboxusers $LOGNAME
sudo usermod -a -G disk $LOGNAME

ユーザーのdiskグループへの追加はsudoコマンドで生のディスクへの書き込みを許すため危険らしい。

続いて,dfコマンドを実行して,デバイスとUSBメモリーの対応を確認する。

df
Filesystem     Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev           devtmpfs  3.9G     0  3.9G   0% /dev
tmpfs          tmpfs     788M  3.3M  784M   1% /run
/dev/sda4      ext4      898G  683G  170G  81% /
tmpfs          tmpfs     3.9G   68M  3.8G   2% /dev/shm
tmpfs          tmpfs     5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs          tmpfs     3.9G     0  3.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/loop0     squashfs   45M   45M     0 100% /snap/gtk-common-themes/1353
/dev/loop1     squashfs  132M  132M     0 100% /snap/telegram-desktop/1019
/dev/loop3     squashfs   55M   55M     0 100% /snap/core18/1650
/dev/loop4     squashfs   55M   55M     0 100% /snap/core18/1668
/dev/loop5     squashfs   45M   45M     0 100% /snap/gtk-common-themes/1440
/dev/loop9     squashfs   86M   86M     0 100% /snap/shotcut/59
/dev/loop8     squashfs   86M   86M     0 100% /snap/shotcut/58
/dev/loop2     squashfs  132M  132M     0 100% /snap/telegram-desktop/1038
/dev/loop12    squashfs   92M   92M     0 100% /snap/core/8592
/dev/loop13    squashfs  8.7M  8.7M     0 100% /snap/canonical-livepatch/90
/dev/loop10    squashfs  8.7M  8.7M     0 100% /snap/canonical-livepatch/88
/dev/loop7     squashfs   90M   90M     0 100% /snap/core/8268
/dev/loop11    squashfs  157M  157M     0 100% /snap/gnome-3-28-1804/110
/dev/loop6     squashfs  161M  161M     0 100% /snap/gnome-3-28-1804/116
/dev/sda1      vfat      511M  6.2M  505M   2% /boot/efi
tmpfs          tmpfs     788M   68K  787M   1% /run/user/1000
/dev/sdb       vfat      7.5G  7.4G  113M  99% /media/senooken/FSF-LIVE

今回は/dev/sdbにUSBメモリーがマウントされている。

デバイスファイルがわかったところで,以下のコマンドでVMDKファイルに変換する。

sudo vboxmanage internalcommands createrawvmdk -filename ./usb.vmdk -rawdisk /dev/sdb

vboxmanageVBoxManageのことがある。

コマンドの実行完了後,以下のコマンドで所有者を自分に変更する。

sudo chown $USER:$USER ./usb.vmdk

これでVMDKファイルの用意は完了だ。

後は,このファイルをVMの作成時に既存のファイルとして選ぶか,設定から [Storage]>[Strage Devices]>[Controller: SATA]>[Adds hard disk.]>[Choose existing disk] から選択すればよい。

VMDKの選択

手順に書かれている内容をそのままやっただけなのだが,成功事例ということで記録を残しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です