常用漢字

日本語で文書を書くときにも迷うときがある。
できるや、いただくとか、くださいとか、漢字にするべきなのかひらがなにするべきなのか。

以下のサイトで常用漢字表について公開されている。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html
この別紙の方に漢字、ひらがなの使い分けについて書かれていた。

例として一部抜粋
オ 次のような接続詞は,原則として,仮名で書く。
例 おって かつ したがって ただし ついては ところが
ところで また ゆえに
ただし,次の4語は,原則として,漢字で書く。
及び 並びに 又は 若しくは

頭が少しすっきりした。文献データベースJabrefにpdfを早速登録して、論文のチェックを頼まれた時も、小難しい漢字使っていたら、常用漢字の表で検索して、「常用漢字でない」とチェックできるね(苦笑)。

文化庁 | 常用漢字表の内閣告示等について | 「常用漢字表」(平成22年内閣告示第2号)
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kokujikunrei_h221130.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です