Gnu screenの自動起動とエラー対処

GNOME Terminal

screenは作業するときに便利なので、bashの起動時に自動的に起動するように.bashrcに以下の内容を追記する。

if [ “WINDOW” = ” ]; then
screen-4.1.0.exe -d -R
fi
参考: http://www-he.scphys.kyoto-u.ac.jp/member/n.kamo/wiki/doku.php?id=study:command:screen

1.7.5 No more PTYs.
bashを起動して(screenを自動起動)、さらにC-v Sで新しく画面を新しく出すとNo more PTYs.というエラーメッセージが出た。この原因はプロセスpty??が大量に発生したからだと思う。psコマンドを実行するとpty??が大量にあることが確認できた。これに対処する。

1. プロセスの一括終了
kill -9 `ps | awk ‘{print $2;}’`

2. 書き込み権限の付加
chmod a+rwx /dev/ptmx
chmod a+rwx /dev/pty*

3. デバイスの管理ファイル?fstabの編集。以下のようにnone /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0を追記
cat /etc/fstab
# For a description of the file format, see the Users Guide
# http://cygwin.com/cygwin-ug-net/using.html#mount-table
# This is default anyway:
# none /cygdrive cygdrive binary,posix=0,user 0 0
none /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0

4. screenコマンドに権限を付加
chmod a+rwx /usr/bin/screen
chmod a+rwx $HOME/local/bin/screen-4.1.0.exe

• 参考
ステップ1: http://d.hatena.ne.jp/mikage014/20100205/1265330850http://slashdot.jp/journal/402101/No-more-PTYs ステップ2-3: http://backslash.ddo.jp/wordpress/archives/65 ステップ4: http://d.hatena.ne.jp/TrinityT/20080325/1206437629

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です