LibreOffice 4.0の新規作成時の既定値(標準値)のカスタマイズ

1.1LibreOffice 4.0 で設定 [130216]
LibreOffice 4.0 に更新すると、[右クリック]▷[新規作成] からそれまでできていた規定の設定が解除されていた。これはテンプレートを設定しても反映されなかった。
C:\Program Files\LibreOffice 4.0\share\template\shellnew にある各種のファイルが規定となっているようなので、バックアップをしてからよく使うCalcとDrawを編集した。
1.1.1 Calc の設定
• [書式]▷[ページ] タブ
– 余白
左:1.00cm
右:1.00cm
上:1.50cm
下:1.50cm
• [書式]▷[スタイルと書式設定]▷[標準] で右クリック▷[変更]
– [数値] タブ▷[千の単位で区切る] にチェック
– [フォント] タブ▷
*西洋言語用フォント
フォント:Times New Roman
言語:英語(米国)
*アジア諸言語用フォント
フォント:IPAex 明朝
言語:日本語
– [配置] タブ
縦に:上揃え
– [日本語の体裁] タブ
改行時の処理: [行頭および行末の禁則文字のリストで禁則処理を行う] にチェック

1.1.2Draw の設定
• [書式]▷[スタイルと書式設定]▷[標準] で右クリック▷[変更]
– [フォント] タブ
*西洋言語用フォント
フォント:Times New Roman
サイズ:12
言語:英語(米国)
*アジア諸言語用フォント
フォント:IPAex 明朝
サイズ:12
言語:日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です