改行コードCRとLF

改行コード [130216]
参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%B9%E8%A1%8C%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89
概要
改行コードとは、ワードプロセッサや PC なので改行を表す制御文字である。キャリッジリターン (Carrige Return: CR) と
ラインフィード (Line Feed: LF) とがある。これらの用語はタイプライタが由来。
キャリッジリターン: 紙を固定して移動する装置(キャリッジ)を元の位置に戻す(リターン、つまり紙の左端に印字装置が来る)
こと
ラインフィード: 紙を必要な行(ライン)だけ上に送る(フィード、つまり下の行に印字装置が来る)こと
数値表現
多くのシステムでは改行コードを 1 つまたは連続する 2 つの特殊文字で表現。
• ASCII 文字コードに基づくシステムでは、CR( 復帰、0xDD)、LF(改行、0x0A)、または CR+LF で表現
– LF: Linux、Mac
– CR+LF: Windows
プログラミングにおける改行コード
C 言語では、\n(改行,0x0A)、\r(復帰、0x0D)の 2 つを提供。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です