Wordで数式の書体設定

Word2010などの新しいものでは数式エディタが新しくなっていて中でAlt+=で数式を挿入でき、内部でtex形式の入力でで数式がかける。但しこれはdocxの最新形式でしか有効でない。文書の可用性の点から旧来のdoc拡張子で卒修論を先輩や後輩が書いている。手伝うときに数式を頼まれたりするとき困るので、旧式のwordで使われていた数式3.0を使う。使い方は別記事で。

文書の数式を選択>メニューバーのスタイル>スタイルの定義
で書体を要素ごとに選択できる。サイズも同様。文書の数式を選択というのがミソ。スタイルというのはwordにもあったのでそちらのことかと思って見つからなくて困っていた(苦笑)。
この設定は通常は数式全体の設定だが、文字を選択して使うことで限定的な変更も可能。
http://answers.microsoft.com/ja-jp/office/forum/office_2010-word/word2010%E3%81%A7%E6%8C%BF%E5%85%A5%E3%81%97/eaa417f6-6abe-4329-9c7f-60706fc886f2

■起動時のエラー「数式エディターの MT Extra フォントが見つかりません。いくつかの文字が表示またはプリントされませんされます。
正しく、フォントをインストールするのには、数式エディターを再インストールします。」の対応
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;228625
上記とは違うが次のディレクトリにあるMTEXTRA.TTFをダブルクリックしてインストールを選択すると問題ない。
C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\EQUATION
■別枠での起動
Wordからいちいち起動するのが面倒なら、上記のディレクトリのEQNEDT32.EXEを起動すれば別窓で数式エディタが起動する。そこからコピペすればよい。

■ショートカットキー
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/word_db05.html
http://babooshka-innerjourneys.blogspot.jp/2011/09/blog-post_14.html
http://wiki.livedoor.jp/ckajz815/d/%BF%F4%BC%B0%A5%A8%A5%C7%A5%A3%A5%BF
http://ist.uwaterloo.ca/ec/equations/equation.html

■マニュアル

クリックしてMathType5WinManual.pdfにアクセス


クリックしてMathType-tipstricks-full.pdfにアクセス


http://www.russellhanson.com/web/WordEquationEditor-keyboardshortcuts.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です