LaTeX処理の強制終了法

エラーが出るような文を書いてLyXやTeXのpdfやdvi表示させようとすると延々処理を続けて数分経過してからエラーを出して止まるかそのまま固まる。たいてい,こういうときは何かしら課題の提出に迫られているときだからPCが動かなくなり他の作業もとまるのでかなり困る。
エラーの例としては例えば,前回書いた表中の先頭行の[]で文字を入れるとか
https://plus.google.com/100959984173869250851/posts/5EkZoxA6Ncb

TeXを使ったことのある人なら一回はこういう経験あるんじゃなかろうか?
この固まった状態をほどくには処理しているプログラムを強制終了させるしかない。エディターの方(Winshell,TeXmaker,LyXなど)を終了させても意味がない。
この方法は以下。
タスクバーを右クリック>[タスクマネージャー]>[プロセス]タブ>[platex.exe]を選択>[プロセスの終了]

これで次から固まったときでも素早く対応できるな。TeXを触って間もないころは何が何だかよくわからなかったけど,少しずつわかってきた気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

防水のカバン

次の記事