libeventのインストール

イベント通知ライブラリーであるlibeventをソースコードからインストールする。

libeventはMariaDBやtmux, Chromiumなどの依存関係となっている。

インストール情報
項目 説明
配布元 libevent
リポジトリー libevent/libevent: Event notification library
手順
依存情報 libevent/README.md at release-2.1.8-stable · libevent/libevent
依存先 (必須) Make (GNU Make)
依存先 (任意) CMake, OpenSSL
依存元 MariaDB, tmux, Chromium
インストールコマンド
sh -eux <<-"EOT"
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
PKG=libevent VER=2.1.8 TAG=release-$VER-stable
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src"

if command -v git >/dev/null; then
  [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 https://github.com/libevent/libevent $PKG
  cd $PKG
  git fetch --depth 1 origin tag $TAG
  git checkout -f $TAG
  ./autogen.sh
else
  [ -e $PKG-$VER ] || wget https://github.com/libevent/libevent/releases/download/$TAG/$PKG-$VER-stable.tar.gz
  tar -xf $PKG-$VER.*
  cd $PKG-$VER
fi

make -kj $J distclean clean || :
./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER"
make -j $J
make -j $J check
make -j $J install

cd "$LOCAL/stow"
echo $PKG-[0-9]* | xargs -n 1 stow --ignore=dir -D
stow --ignore=dir $PKG-$VER
EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2019-05-03 2.1.8 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0

インストール手順ではテストの実行にmake verifyを実行するにように書いてある。しかし,Makefileを確認すると2739行目付近に記載のあるverifyのルールがcheckだった。

verify: check

そのため,他のビルド手順と合わせるためにmake verifyではなく,make checkをテストに実行した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です