Fortranでのファイルの削除

Fortranで ファイルを削除したい。環境に依存するsystem関数を使わない方法を調べた。

参考

以下のように,close文のstatus"delete"を指定すれば,開いたファイル (fname) を削除できる。

open(1, file="fname")
close(1, status="delete")

ただし、ディレクトリは削除できない。以下のようにしてディレクトリの場合は無視するのがよいだろう。

open(unit=1234, iostat=stat, file=file, status="old") 
if (stat == 0) close(1234, status="delete")

なお,ファイルの中身だけを削除するならば、以下のようにopen文でstatus="replace"を指定して開いてすぐに閉じればよい。

open(1, file="fname", status="replace")
close(1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Install pip from source