ncursesのインストール

GNOME Terminal

端末に依存しないテキストユーザーインターフェイス (TUI) のAPIを提供するncurses (new curses) をソースコードからインストールする。

ncursesは端末操作の実装に使われており,MariaDB, Python, Vim/Emac, GNU screen/tmuxなどの多くのライブラリーに利用されている。

インストール情報
項目 説明
配布元
リポジトリー mirror/ncurses: ncurses Git mirror
手順 ncurses/INSTALL at master · mirror/ncurses
依存情報 ncurses/INSTALL at master · mirror/ncurses
依存先 (必須) Make (GNU Make), sh, awk, sed, install
依存先 (任意)
依存元 MariaDB, Python, Vim/Emacs, GNU screen/tmux
インストールコマンド
sh -eux <<-"EOT"
PKG=ncurses VER=6.1 TAG=v$VER
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src"

if command -v git >/dev/null; then
  [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 git://github.com/mirror/ncurses $PKG
  cd $PKG
  git fetch --depth 1 origin tag $TAG
  git checkout -f $TAG
  git clean -dfX
else
  [ -e $PKG-$VER ] || wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/$PKG/$PKG-$VER.tar.gz
  tar -xf $PKG-$VER.*
  cd $PKG-$VER
  make -kj $J distclean clean || :
fi

./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER" --with-shared
make -j $J
make -j $J install

cd "$LOCAL/stow"
echo $PKG-[0-9]* | xargs -n 1 stow --ignore=dir -D
stow --ignore=dir $PKG-$VER
EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2018-06-20 6.1 Ubuntu 16.04
2019-05-02 6.1 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0

デフォルトでは共有ライブラリー (.so) をビルドしないので,./configureのオプションに–with-sharedを指定した。

また,makeを実行するとtest/配下のいくつかのテストプログラムも自動的にビルドされる。ncursesのテストはtest/配下のプログラムを手動で実行することで行うようだ。ただし,正解がよくわからないので飛ばした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です