APR (Apache Portable Runtime) のインストール

Apache HTTP ServerやSubversionなどに使われるAPR (Apache Portable Runtime)をソースコードからインストールする。

APRはOSのインターフェイスの違いを吸収してくれるライブラリーであり,APRを使うことでクロスプラットフォームなソフトがしやすくなるらしい。

インストール情報
項目 説明
配布元 Welcome! – The Apache Portable Runtime Project
リポジトリー
手順 apr/README at 1.6.5 · apache/apr
依存情報 apr/README at 1.6.5 · apache/apr
依存先 (必須) GNU Make
依存先 (任意) リポジトリーからのビルド用: autoconf, libtool 1.4+, python
依存元
インストール手順
sh -eux <<-"EOT"
PKG=apr VER=1.6.5 TAG=$VER
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src"

if command -v git >/dev/null; then
  [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 https://github.com/apache/$PKG
  cd $PKG
  git fetch --depth 1 origin tag $TAG
  git checkout -f $TAG
  git clean -dfX
  ./buildconf
else
  [ -e $PKG-VER ] || wget http://archive.apache.org/dist/apr/$PKG-$VER.tar.bz2
  tar -xf $PKG-$VER.*
  cd $PKG-$VER
  make -kj $J distclean clean || :
fi

./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER"
make -j $J
make -j $J test
make -j $J install

cd "$LOCAL/stow"
echo $PKG-[0-9]* | xargs -n 1 stow --ignore=dir -D
stow --ignore=dir $PKG-$VER
EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2018-03-31 1.6.3 Ubuntu 16.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0
2019-03-03 1.6.5 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0
2019-03-31 1.6.5 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0, libtool2.4.6

APRをインストールしたら,セットでよく使われるAPR-utilもインストールしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です