Nextcloud CalendarへのGoogle CalendarとThunderbirdのカレンダーのインポート

Nextcloud Calendarのインストール」ができたので,Google CalendarとThunderbirdのカレンダー (予定) のインポート方法を記す。

Nextcloud Calendarでは,以下に記載がある通りRFC 5545に準拠したiCalendar互換の.icsファイルのみインポートに対応している。

Note

The Nextcloud Calendar application only supports iCalendar-compatible .ics-files, defined in RFC 5545.

Using the calendar app — Nextcloud latest User Manual latest documentation

従って,Google CalendarやThunderbirdから.ics形式でカレンダーをエクスポートすればよい。

Google Calendarのカレンダーのエクスポート

まず,Google Calendarにアクセスする。続いて,右上の歯車ボタン>[設定]を選択する。

Google Calender画面

[全般]>[インポート/エクスポート]>[エクスポート]>[エクスポート]を選択し,カレンダーをzipファイルでダウンロードする。

Google Calendarのエクスポート画面

zipファイルを展開するとカレンダーごとに分離された.icsファイルが格納されている。

Thunderbirdの予定のエクスポート

Thunderbirdの起動後,メニューから[Events and Tasks]>[Export]を選択する。

Thunderbirdのメニュー

エクスポートしたいカレンダーを選択>[OK]を選択する。

カレンダーのエクスポート画面

これで1カレンダーにつき1個の.icsファイルをエクスポートできる。

まとめてエクスポートできず,カレンダーごとに手動でエクスポートが必要で,手間がかかるので注意する。

Nextcloud Calendarへのカレンダーのインポート

Google CalendarとThunderbirdからカレンダーをエクスポートできたので,これをNextcloud Calendarにインポートする。

まず,Nextcloudにログインし,上端の[Apps Selection Menu]から[Calendar]を選択して,Calendar画面を表示する。

Calendar画面

左下の[Settings & import]>[Import calendar]を選択して,インポート対象.icsファイルを選択する。

[Settings & import]画面

インポート先のカレンダーを選択し,問題なければ[✓]を選択する。これでインポートが始まる。

インポート先カレンダーの選択

インポートが完了すると以下の画面が表示されるので,[Close]を選択する。

インポート完了画面

これでNextcloud Calendarへのカレンダーのインポートが完了だ。

インポートが完了したら,今度はThunderbirdAndroidなどの他のデバイスとカレンダーを同期するのがよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です