GNU Texinfoのインストール

GNU Texinfoをソースコードからインストールする。GNU Texinfoは単一のファイルから,HTML,PDF,infoコマンドのマニュアルページなど多数の文書を作成するソフトウェアだ。

GNU TexinfoはGNUプロジェクトの公式ドキュメント形式でもある。GNUプロジェクトのソフトウェアをリポジトリーからインストールする場合に,ドキュメントの生成にGNU Texinfoが必要な場合がある。

インストール情報
項目 説明
配布元
リポジトリー
手順
依存情報
依存先 (必須)
依存先 (任意)
  • Aucoconf:リポジトリーからのビルド時に必要。
  • Automake: リポジトリーからのビルド時に必要。
  • help2man: リポジトリーからのビルド時に必要。
  • gawk 4.0+: texindex/ti.twjr修正時に必要。
依存元
インストール手順
sh -eux <<-"EOT"
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
PKG=texinfo VER=6.6 TAG=$PKG-$VER
mkdir -p "$LOCAL/src"; cd "$LOCAL/src"
  
if command -v git >/dev/null; then
[ -e $PKG ] || git clone --depth 1 git://git.savannah.gnu.org/$PKG.git $PKG cd $PKG git fetch --depth 1 origin tag $TAG git checkout $TAG
./autogen.sh
else [ -e $PKG-$VER ] || wget https://ftp.gnu.org/gnu/$PKG/$PKG-$VER.tar.gz tar -xf $PKG-$VER.* cd $PKG-$VER fi
make -kj $J distclean clean || :
./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER"
make -j $J; make -j $J check; make -j $J install
cd "$LOCAL/stow" stow --ignore=dir -S $PKG-$VER -D $PKG-[0-9]* EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2019-03-13 6.6 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0, help2man 1.47.8, Autoconf 2.69, Automake 1.15.1

リポジトリーからビルドする場合,help2manが必須であることに注意する。help2manが存在しなければ,
make時に以下のエラーが出る。

make[3]: Leaving directory '/home/senooken/.local/src/texinfo/install-info'
/bin/bash /home/senooken/.local/src/texinfo/build-aux/missing help2man --name="update info/dir entries" -I ./ginstall-info.h2m ..//install-info/ginstall-info -o install-info.1
/home/senooken/.local/src/texinfo/build-aux/missing: line 81: help2man: command not found
WARNING: 'help2man' is missing on your system.
         You should only need it if you modified a dependency of a man page.
         You may want to install the GNU Help2man package:
         <https://www.gnu.org/software/help2man/>
make[2]: *** [Makefile:1400: install-info.1] Error 127

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です