util-macros (xorg-macros) のインストール

util-macros (xorg-macros) をソースコードからインストールする。

util-macrosはパッケージをインストールする際にときどき要求されるautogen.shで使用される。具体的には,xcb-utilのautogen.shに要求された。

なお,utll-macrosはパッケージマネージャーなどではxorg-macrosという名前でも参照されている。

インストール情報
項目 説明
配布元
リポジトリー
手順
依存情報
依存先
依存元
インストール手順
sh -eux <<-"EOT"
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
PKG=util-macros VER=1.19.2 TAG=util-macros-$VER
mkdir -p "$LOCAL/src/"; cd "$LOCAL/src/"

if command -v git >/dev/null; then
  [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 https://gitlab.freedesktop.org/xorg/util/macros.git $PKG
  cd $PKG
  git reset --hard; git fetch --depth 1 origin tag $TAG; git checkout $TAG
  ./autogen.sh
else
  [ -e $PKG-$VER ] || wget https://www.x.org/pub/individual/util/$PKG-$VER.tar.bz2
  tar -xf $PKG-$VER.*
  cd $PKG-$VER
fi

make -kj $J distclean clean || :
./configure --prefix=$LOCAL/stow/$PKG-$VER
make -j $J; make -j $J check; make -j $J install
cd "$LOCAL/stow"
stow --ignore=dir -S $PKG-$VER -D $PKG-[0-9]*
EOT
インストール成功例
日付 バージョン OS 依存関係
2018-10-20 1.19.2 Ubuntu 16.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0
2019-03-24 1.19.2 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0

なお,util-macrosをローカル環境にインストールして使用する場合は,以下の内容を~/.profile~/.bashrcに記述してサーチパスを設定しておく必要があるので注意する。

export ACLOCAL_PATH="$LOCAL/share/aclocal"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です