書評☆2 個人事業のはじめ方がすぐわかる本 ’19~’20年版 | 社会保険労務士兼FPに書かれており,書類の記入例だけ参考になる

概要

  • 書名: 個人事業のはじめ方がすぐわかる本 ’19~’20年版
  • 副題:
  • 著者: ヒューマン・プライム
  • 出版日: 2019-07-20
  • 読了日: 2019-08-26 Mon
  • 評価: ☆2
  • パーマリンク: https://senooken.jp/post/2019/11/11/

評価

第2章〜第3章のみ参考になった。

社会保険労務士兼FPの2名の女性により書かれた。

FPだけあって,ライフプランニングなどいかにもFPっぽいことが書かれていた。しかし,著者2名はあくまで社会保険労務士兼FPであり,実際に企業の経験があるわけではないだろう。

後半はいろいろ事業計画の立て方などを解説してあるが,あまり現実味を感じなかった。

それどころか,事業に必要な請求書などの書類などについて書かれておらず,中途半端に感じた。

あくまで,届け出書類だけ参考にする本だと思った。

引用

p. 47: [医療保険の手続き] 退職後の選択肢は3つある

国民健康保険と任意継続では保険料の計算が異なるので,事前に確認しておきましょう。給付面ではあまり差がありません。

とりあえず保険料を比較して安いほうに加入することをおすすめします。

退職後の保険としては,国民健康保険と任意継続がある。そこの比較があり参考になった。

結論

社会保険労務士兼FPの2名の女性に書かれただけあり,自分たちの得意分野だけ役に立ちそうだった。具体的には開業時書類がかかれた第三章だ。他の章はあまり参考にならないかなと感じた。

全体的にわかりやすいレイアウトだっただけに,中身が伴っていなくて残念だった。

新版 トコトンわかる 個人事業の始め方」のほうが網羅性,文量的にも有益だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です