AWSのBilling and Cost Managementでの請求のCSVダウンロード

概要

AWSのBilling and Cost Managementでは月々の請求明細を確認できる。

その際に,右上に [CSVのダウンロード] ボタンがある。デフォルトではこのボタンを選んでもCSVをダウンロードできない。今後のコスト管理の効率化のために,[CSVのダウンロード] で明細データを保存できるようにする。

現象

[Billing and Cost Management] にログインして [請求書] を選ぶ。

右上の [CSVのダウンロード] を選ぶ。

[CSVのダウンロード] 画面が表示されるので [ダウンロード] を選ぶ。


月別使用状況レポート CSV は、請求に関する設定ページで選択した後でのみ利用できます。

すると上記のメッセージが表示され,CSVのダウンロードに失敗する。

方法

このCSVのダウンロードはどうやればできるのか気になって調べたところ,以下にそのものの質疑応答があった。

Q. 請求書ページから「CSV のダウンロード」をクリックすると、メッセージ「月別使用状況レポート CSV は、請求に関する設定ページで選択した後でのみ利用できます」が表示されて、レポートがダウンロードできません。

Billingの設定ページにて、請求明細レポートの「月別レポート」を取得できるように設定していただく必要がございます。
※レポート(CSV)の設定およびレポートの取得は、マスターアカウントでのみ可能です。Organization のメンバーアカウントでは設定や取得はできません。

・設定手順

  1. Billingの設定ページにアクセスします。
  2. 「請求明細レポート(レガシー)」 で、「レガシー化した請求明細レポート機能を使って、AWS の料金に関する継続的なレポートを受け取る。」のチェックボックスをオンにします。
  3. [S3 バケットに保存] に有効な Amazon S3 バケット名を入力して、[検証] を選択します。
    設定したバケットが「有効なバケット」として認識された後、次に手順に進みます。
  4. 「レポート」 リストで、「月別レポート」 のチェックボックスを選択し、「設定の保存」をクリックします。

CSV ファイルを取得できるのは、設定された月以降の請求になります。

設定された月より前の月のCSVファイルについては取得することができない仕組みとなっております。

また、CSVファイルはS3 バケットに保存されるため、別途S3の料金が発生します。

アカウント・請求関連のご質問 | AWS

いくつか設定を施してS3に保存する必要があるようだ。

設定

FAQの内容を元に早速設定してみる。

1. [Billing Management Console]>[Billing の設定] にアクセスする。

2. [請求明細レポート (レガシー)]>[☑ レガシー化した請求明細レポート機能を使って、AWS の料金に関する継続的なレポートを受け取る。] をチェックして有効にする。

3. [S3 バケットに保存:]>[設定] を選ぶ。

4. 左で既存のS3バケット名を選ぶか,右で保存用のバケット名を指定する。今回は [senooken.aws] というバケットに保存することにする。入力したら [次へ] を選ぶ。

5. [☑ このポリシーが正しいことを確認しました] をチェックして [保存] を選ぶ。

6. 詳細度が表示されるので,[月別レポート] と [コスト割り当てレポート] の両方をチェックして,最後に [設定の保存] を選ぶ。

これで次回の請求から [CSVのダウンロード] でデータをダウンロードできるだろう。

結論

AWSのBilling and Cost Management (請求情報とコスト管理) での請求のCSVダウンロードの方法を記した。

S3に保存する都合,課金に注意する。といっても,CSV程度であればたいしたデータ量にならず,課金額もしてれているので大丈夫だと思う。

目に見えている機能にも関わらずいちいち設定が必要で,いちいち面倒くさく感じた。

インターネットで検索しても,公式の一部堅苦しい情報か,アフィリエイトやAWSでビジネスをしている怪しい会社のサイトしかヒットせず,わかりにくい。

ここ何回かのブログでAWSの課金に関してわからなかったところを整理できたので,別の作業にようやく進めれそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です