GnuCashでの仕訳帳 (General Journal) の期間指定2

概要

以前,「GnuCashで仕訳帳 (General Journal) の期間指定1」で,仕訳帳 (General Journal) では期間を指定できないため,代替方法を紹介した。

しかしその後,掲示板で助言があり,その通りに操作したところ,期間指定可能な仕訳帳相当を用意できた。そこで,手順を説明する。

方法

ポイントは以下の2点だ。

GnuCashの仕訳帳での期間指定方法のポイント
  1. 仕訳帳 (General Journal) ではなく,総勘定元帳 (General Ledger) か取引出納帳 (Transaction Report) 画面を使用
  2. 表示内容を日付でソート

おさらいとなるが,仕訳帳 (General Journal) とは仕訳を時系列で列挙した帳簿であり,総勘定元帳 (General Ledger) は仕訳を勘定科目ごとにグループ化して列挙した帳簿である。どちらも仕訳を記録した帳簿であるが,仕訳の並び順のみ異なる

GnuCashの仕訳帳 (General Journal) ([Reports]>[Assets & Liabilities]>[General Journal]) には,表示対象期間指定の機能が存在しない。しかし,総勘定元帳には表示対象期間指定機能がある。そこで,総勘定元帳の表示を日付順にソートすることで仕訳帳を用意することができる。

なお,GnuCashでの取引出納帳 (Transaction Report) は帳簿タイトルとメニューでの配置とデフォルトの表示内容が異なるだけで,中身は総勘定元帳 (General Ledger) と同じだ。そのため,取引出納帳と総勘定元帳は同じとみなし,アクセスしやすい取引出納帳 (Transaction Report) を扱う。それぞれのメニュー上の位置は以下のとおりだ。

  • 取引出納帳 (Transaction Report): [Reports]>[Transaction Report]
  • 総勘定元帳 (General Ledger): [Reports]>[Assets & Liabilities]>[General Ledger]

手順

方法がわかったところで,具体的な操作手順を画面キャプチャも交えて記す。Ubuntu 18.04のGnuCash v2.6.19での例となる。

勘定科目の選択

まず,メニューから [Reports]>[Transaction Report] (取引出納帳) を選ぶ。

デフォルトでは勘定科目が選ばれておらず,何も表示されないので,[Edit report options],ツールバーの歯車⚙アイコン,[Edit]>[Preferences] のいずれかを選び設定画面を表示する。

デフォルトでは [General] タブが表示される。まず,ここで帳票タイトルや表示対象期間を指定する。例えば,以下のようにする。

  • [Report name]: 仕訳帳
  • [Start Date]: 2020-01-01
  • [End Date]: 2020-06-30

続いて, [Accounts] タブを選ぶ。

このタブでは表示対象勘定科目を選ぶ。デフォルトでは何も選ばれていないので,表示対象勘定科目を選ぶ。

例えば,[Accounts] は [Select All] を選んで,下の [Filter By…] で [Imbarance-JPY] (貸借不一致-JPY) や [Orphan-JPY] (不明-JPY) など表示対象外にしたい勘定科目を選び,[Filter Type:]>[Exclude Transactions to/from Filter Acounts] 以外を選ぶなどして,表示対象勘定科目を調整する。

表示対象勘定科目を選んだら,一度 [Apply] を選んで現在の帳票を確認する。

データが表示されているが,表示が日付順ではなく勘定科目ごとになっており仕訳帳になっていない。その他,その他仕訳の相手先勘定科目も表示されておらず,帳票として使いにくい。

そこで,設定から表示順と表示内容を追加で修正する。

表示内容の編集

まずは表示内容を修正する。[Display] タブを選ぶ。

デフォルト状態に加えて,以下の項目のチェックを推奨する。

  1. Account Name
  2. Other Account Name
  3. Running Balance
  4. Amount: Double (借方,貸方が2列になり見やすい)
  5. Shares/Price (投資用)

チェックが終わったら,[Apply] を選んでみる。