Paypalの定期支払いの解除方法


概要

フリーソフトウェア財団 (Free Software Foundation: FSF) への加入」でPaypalで年会費を定期支払いしていた。その後,「FSFのメンバーシップの貢献メンバー (Contributing Member) への変更方法」で書いた通り,手動でメンバーシップをアップグレードした。しかし,以前の定期支払いをキャンセルするのを忘れており,二重に年会費を支払ってしまった

FSFの年会費の自動支払いにPaypalを選んだ場合,Paypal側で設定を変更する必要がある。そこで,Paypalでの定期支払いを解除したので,手順を記す。

方法

まず,Paypalにログインする。そして,メニューから [アカウント設定] を選ぶ。

サイドメニューから [資金、銀行およびカード] を選ぶ。現在のPaypalアカウントがビジネスアカウントになっているのでこのメニューになっている。通常アカウントだと,たぶん [財務情報] を選べばいい。

一番下の [自動支払いの設定] を選ぶ。

[事前承認支払い] 画面が表示される。

1列目の [マーチャント] 列から自動支払いをキャンセルしたい取引を選ぶ。例えば,今回は一番下のFree Software Foundationへの年間120 USDの支払いを選ぶ。

[購読の詳細] 画面が表示される。左上の [キャンセル] を選ぶ。

確認画面が表示されるので [はい。] を選ぶ。

定期支払いがキャンセルされ,「定期支払いがキャンセルされました」という件名のメールが届く。

右上の [前のページ] を選んで [事前承認支払い] 画面を表示する。

[ステータス] 列が [キャンセル済み] になっている。

これで定期支払いのキャンセルが完了だ。

結論

Paypalでの定期支払いのキャンセル方法を記した。

たまにしか使わない機能なだけに,うっかり定期支払いのキャンセルを忘れて,余計にお金を支払ってしまった。

今回は少し多めに寄付しただけなので,そこまで大きな影響はない。ただ,意図しない支払いはやはり避けたいので気をつけたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です