Amazon.co.jpのカスタマーレビューでのURLの掲載方法

Amazon.co.jpでURL入りカスタマーレビューは削除対象」で報告したとおり,カスタマーレビューにURLが入ると削除対象になることがわかった。

しかし,書籍内のサポートURLなどレビュー内にURLを掲載したいことは依然としてある。このままでは引き下がれ無いので,なんとかURLをカスタマーレビュー内に掲載する方法を模索した。

URLの記載方法をいくつか試して投稿してみたところ,以下のことがわかった。

Amazon.co.jpのカスタマーレビューでのURL
  • http://https://のスキーマの存在 (例: https://example.com) はNG。
  • トップレベルドメインの.jpの存在はNG。
  • RFC 3986の相対参照 (//) やスキーマなしの場合 (例: //example.com, example.com) OK。

例えば,「公開API活用ガイド」はURLを (//zapanet.info/api/) がこの条件を満たしており,スキームなしの相対参照でURLを記載したおかげで掲載された。

URL内のトップレベルドメイン (TLD) の.jpがNGワードになっているというのがポイントのようだ。

なお,この条件を満たしていても,例えば「PHPエンジニアにおくるLaravel6予習入門」に掲載予定だった以下のURL表記がNGだった。

この本の特徴は,書籍全体を通して一つの簡易なブログを作るところだ。サンプルコードは 「[dream-developer/project-laravel6](//github.com/dream-developer /project-laravel6)」で公開されている。

PHPエンジニアにおくるLaravel6予習入門

.jpだけでなく.comもNG対象TLDなのかもしれない。次回のURLに.comを含むレビューの投稿時に検証したい。

元々は,.jpを削除することで対応していたが,.jpがないとドメインがわからないという問題があった。なんとかこの情報を残せないかと試行錯誤した。

.jpが問題なのか,.をスペースに変更したbook.senooken jpであればOKだった (参考: Web APIの使用方法だけをひたすら列挙した本)。

では今度は,book.senooken .jpならどうだろうか。OKだった (例: JavaScript+Google Mapsによる実用的で簡単なマッシュアップ解説)。

なお,途中にスペースを入れればhttps://があっても大丈夫かと思ったのだが,https://book.senooken .jp/などはだめだった。もう少し試してみる。

https://もhtt ps: //のように空白で分割すればOKだった (例: アフィリエイトでの成功に必須のビジネス思考が破格の1400円で入手可能)。ただ,いちいち空白を入れるのが面倒くさいので,https:を削除したほうが早い。

本文中に自サイトのURLを掲載できないのは残念だが,URLを以下のように処理することで対応する。

URLの処理手順
  • 対象URL: https://book.senooken.jp/post/2020/04/05/
  • URLからスキーマを削除 (例: //book.senooken.jp/post/2020/04/05)
  • URL内の.jpをの直前にスペースを追加 (例: //book.senooken .jp/post/2020/04/05)

上記手順でもレビューが掲載されない場合,.com.netなどのTLDの削除や直前のスペースを試してみてほしい。

なお,先頭の//を削除したbook.senooken.jp/post/2020/04/05/もNGだった。内部のチェックで,URLの文字列をチェックしているようだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です