書評☆3 図解入門業界研究 最新派遣業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] | 人材派遣業界新規就業者向け教養本

概要

  • 書名: 図解入門業界研究 最新派遣業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版]
  • 副題:
  • 著者: 土岐 優美
  • 出版日: 2016-02-01
  • 読了日: 2019-09-10 Tue
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://senooken.jp/post/2019/11/06/

評価

SES起業に勤務しており,その業務の実体である人材派遣について調べていて読んだ一冊だ。

派遣業界の仕組みや動向について全般的に書かれており,参考になった。

が,読み物的な部分が多く,これを読んでじゃあ何の役に立ったかというと回答が難しい。

「はじめに」に以下の記載があり,若干期待していた。

人材派遣の課題に取り組む、誤解や偏見を解くためにも、そして、この業界に就職、転職する、またこの業界で育成、管理、運営に携わるためにも、業界の正確な理解、あるいは再認識が不可欠と考えます。

しかし,やや期待はずれだった。人材派遣のいい点を理解できるかなと思ったのだけど,いまいちだった。一般的には人材派遣はリスクが少なく儲けやすいというのが事業者側の本音で,派遣労働者や受け入れ起業は柔軟な働き方ができるところが利点,といわれている。

どうしても自分の中では悪いイメージがあり,このイメージを払拭できなかった。

結論

目次を見ればだいたいの内容がわかるので,興味を持てれば読むといいかもしれない。

どちらかというと,人材派遣業界への新規就業者向けの教養本という感じがした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です