書評☆2 ワイド版 思考の整理学 | 昔の人の思考整理術

概要

1983年に「ちくまセミナー1」として刊行され,1986年にちくま文庫として刊行されたもののワイド版となっている。

元となった本が1980年代のものであり,昔の人の思考整理術が書かれている。

著者が英文学者であり,いかにも文系的な内容となっている。つまり,文献の引用などはなく,著者が考えること,他の文献を読んで参考になったことなどが書かれている。

けっこう一般的なことが書かれている。例えば,一度他のことを考えてみるとか,とにかく書き出してみるとか。

記憶にとどまった内容をノートに記し,特に印象的だったものなどをさらにまとめていくことで,自分だけの思考整理ノートができる。こういう考え方はよかった。

ただ,全体的に文体が偉そうな感じで,読んでいてあまり気分は良くなかった。

結論

図書館での貸出が人気であり,人気の本なのだと期待していたのだが,期待はずれだった。

昔であれば,このような本も貴重だったのかもしれない。しかし,今となっては別にそこまで目新しいことでもない。

せめて,もう少し文献を引用するなど,科学的根拠に基づく内容を展開してほしかった。著者の思考整理術に終止しており,個人の方法論を出るものではなかった。

パーマリンク: https://senooken.jp/post/2019/04/25/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です