焦り

ここ数か月Twitterでちょまどという人が目についていた。江添さんとか暗黒美夢王などその他の有名な人と会話していたからだ。新卒でIT系の会社に就職して最近転職したらしい。 C++とか勉強しているみたい。なんだかわからないけれど,焦りのようなものを感じてしまった。 今の自分と比較してしまったからなのかもしれない。
僕は秀でた能力がなく魅力的な人間ではないし,あまり活動的でもないので友達や頼れる知り合いはほとんどいない。わからないことがあっても自分で解決するか諦めるしかなかった。この人はTwitterではフォロワー数が多く,いろんな人と会話しており,わからないことに対して指導も受けているようだ。もちろん自分でもいろいろやっているみたい。少し妬んだり羨ましいのかもしれない。

他の人と比較しても意味がないといつも思っている。他人と自分では状況が違う。自分がすべきことをすることが大事だ。 なので,比較している自分に気づくたびに卑しく思う。

Twitterは情報収集に使っている。主にイベントの開催情報や,ちょっとした情報の手がかりの収集のためだ。140文字の限界があるのであまり使いたくない。深い議論をするために140文字の制限を受けて伝えられないのは馬鹿らしい。Google+の方が投稿の自由度が大きいので気に入っている。ただしログイン画面が鬱陶しい。誰でも自由に意見交換するにはメーリングリストが一番なのだろうか?

何か面白いことや目につくことをやったり,実力をつければ知り合いも増えるのかもしれない。知り合いが多ければ善く,少なければ悪いとは思わない。しかし,知り合いが多いほうがいろんな人から指導を受けれたり,いざというときに頼れるので有利だ。そういう世の中になっている。不満があってもこのルールに從うしかない。

結局自分がすべきことをやるしかない。他の人の動向が目についても気にせずに突き進むしかない。なんだか気になって不安になったり落ち着かなかった。ここに記して忘れよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

C++でのCSVの読み込み