Install g++ (GCC) 4.9.0 from source with g++

最近のフリーソフトはC++で書かれたものが多い。インストールするときに必然的にC++のコンパイラが必要になる。フリーのC++コンパイラはGCCg++Clangしかない。Clangg++がないとインストールできない。そのためg++を自前でインストールすることが重要だ。
しかし,g++g++のない環境でソースからコンパイルしてインストールすることはできなかった。結局g++をインストールするにもどこかでg++がないといけないようだ。g++は管理者にお願いしてaptyumでインストールさせてもらうしかないだろう。
g++のある環境でなら最新のg++
4.9.0
をインストール(アップデート)できたのでその方法について記しておく。
参考:
事前にg++をインストールしている必要がある。
sudo
apt-get install g++
必要なライブラリとしては以下がある。
  • GMP
  • MPFR
  • MPC
  • ISL
  • Cloog
自分でこれらのライブラリを逐一インストールする方法が考えられるが,GCCのインストールマニュアルを見ると適切な名前でGCCのディレクトリに配置すれば自動でビルドしてくれるらしい。こちらの方が楽なのでこれに沿ってインストールする。

8.1.1 一括インストール

最新版GCCの配布元:http://ftp.gnu.org/gnu/gcc/
cd
~/local/src
wget
-nc https://gmplib.org/download/gmp/gmp-6.0.0a.tar.xz
tar
Jxf gmp-6.0.0a.tar.xz
tar
Jxf mpfr-3.1.2.tar.xz
mv
mpfr-3.1.2 mpfr

wget -nc
ftp://ftp.gnu.org/gnu/mpc/mpc-1.0.2.tar.gz

tar
zxf mpc-1.0.2.tar.gz
mv
mpc-1.0.2 mpc

wget
-nc ftp://gcc.gnu.org/pub/gcc/infrastructure/isl-0.12.2.tar.bz2
tar
jxf isl-0.12.2.tar.bz2
mv
cloog-0.18.1
cloog

mkdir
build
cd build
../configure –prefix=$HOME/local/gcc-4.9.0
–disable-bootstrap –disable-multilib
make && make
install
cd ~/local/stow
xstow gcc-4.9.0
makeにはだいたい30
min
かかった。
==ポイント==
–disable-multilib
このオプションでビルドするGCCの種類(32bit
or
64bit)
を固定する。このオプションを付けないと,32bit64bitの両方に対応しようとする。最近のパソコンは64bitなので,32bit用のヘッダを見に行こうとしてエラーになる。32bit用のライブラリをインストールすれば問題ないが,それをするにはaptyumが必要になるのでできれば避けたい。
–disable-bootstrap
このオプションをつけないとビルドしたGCCGCC自身をビルドできるかどうかを確認するため,かなり時間がかかるらしい。
これで最新のgcc
4.9.0
g++-4.9.0が手に入った。これで最低限のビルドツールが手に入ったことになる。
ただ,g++g++のない環境でソースコードからインストールする方法は以前不明なので,もし知っていればぜひお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です