Androidの文献管理アプリ

Androidタブレット端末を買ったし、電車の中とかでうまく有効活用するためにも、文献や電子書籍、マニュアルなどタブレットでも読めるようにしようと思った。既にJabRefを使ってbibファイルの形で文献データベースがあるのでできればこれを利用したい。
そこでAndroidで使えるBibTeXマネージャーについて調査した。合計で6つのアプリが見つかった。これらは大きくMendeley系とBibTeX系に分類できる。
  • Mendeley
    • Scholarley
    • Referey
  • BibTeX
    • RefMaster
    • Library
    • BiblioFile
    • Eratosthenes
結論を先に述べるとフリーであれば、それぞれ以下のアプリが現時点でベストだと感じた。
  • Scholarley
  • RefMaster
以下ではスクリーンショットも交えつつ簡単にそれぞれについて説明していきたい。

2.3.1Mendeley

主にMendeleyによる文献管理ファイルをAndroidでも操作できるようにしたアプリは二つあった。

 (1)Scholarley

アプリ起動時にMendeleyのアカウントの入力を要求される。ログインすると自動でオンライン上のMendeleyから文献管理ファイルなどをローカル環境に保存する模様。設定によりオンライン上のMendeleyとの同期が可能。フリーのMendeley系アプリでは最も使いやすいと思った。

 (2) Referey

ローカル環境に保存されたMendeleyのデータベースファイルを管理する。オンラインのMendeleyとの同期は非対応なので、同期したければDropboxなどと組み合わせる必要がある。

2.3.2BibTeX

BibTeXで使われる.bibファイルの管理アプリは四つ見つかった。

 (1)RefMaster

参考:RefMaster
– Android Informer. RefMaster is a BibTeX reference manager for
Android. With RefMaster you can now browse,…
http://refmaster.android.informer.com/
BibTeXbibファイルの管理ソフトのJabRefとは相性が良い。RefMasterでもJabRefでのファイルへのリンクをサポートしている。ローカルに保存している.bibファイルを開いて見る。Dropboxと併用すれば自動同期も可能のように思われる。他のフリーのBibTeX系管理アプリと違い、ファイルエクスプローラーに対応している(他のアプリは.bibファイルの絶対パスを直打ちしないといけない)。JabRefでのグループ機能も実装する予定があるらしい。
フリーのBibTeX系では最も使いやすいと思った。

 (2)Library

RefMasterよりできることが少ない。.bibファイルの絶対パスを直打ちしないといけない。これを使うくらいならRefMasterで良いと思う。

 (3)BiblioFile

Libraryと同様に.bibファイルの絶対パスを直打ちしないといけない。ファイルパスを指定したがうまくファイルを開くことができなかったため操作画面など詳細は不明。

 (4)Eratosthenes

参考:Eratosthenes
– Google Play
Android
アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mm.eratos&hl=ja
唯一有料(304
JPY
)の文献管理アプリ。JabRefBibDeskなど他のBibTeX管理ソフトの機能(グループなど)に対応している。Google
Drive
Dropboxといったオンラインストレージとの連携も可能。見た目も整っていて良い感じ。

2.3.3まとめ

まとめとしてそれぞれ私が実際に簡単に使って感じたオススメのアプリを以下に掲載する。
  • Mendeleyを利用->Scholarley
  • bibファイルを利用->RefMaster(無料)or
    Eratosthenes
    (有料)

ここで挙げたアプリはまだまだ開発が盛んでありさらなる機能の追加が期待できる。JabRefとの親和性が高くフリーであるRefMasterを私は使っていきたいと思う。Dropboxを使った自動同期などいろいろ試していきたい。これからの移動時間を有効に活用しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です