自由ソフトウェアとオープンソースの違い

自由ソフトウェア:
社会運動。利用者の自由を尊重することが本質。ここでいう自由とは「言論の自由(free speech)での自由であって、ビール飲み放題(free beer)の自由という意味ではない」

オープンソース:
開発の方法論。ソフトウェアをより良くすることが本質。ソースコードにだけ注意を払う。AndroidなどのOSによっては特定のバージョンのプログラムだけしかインストールが許可されていないことがあるが、オープンソースはこれを認める。

参考:http://cpplover.blogspot.jp/2014/01/clang-vs.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です