両面印刷時の綴じる位置

印刷するときにいつも,レイアウトを2ページにして両面印刷にしてできる限りかさを減らそうとしている。しかし,両面印刷をするときに,どこで綴じるかの問題がある。普段,枚数が少ないときはたいてい左綴じでステイプラーで左上を止めている。
何十枚もの印刷を行うときはこの方法はよくない。なぜなら,こんなにたくさんとめるときはステイプラーなどでは無理だから。千枚通しで穴をあけて止めた方が扱いやすい。穴をあけた後ファイルにとじるときに,左でやると普通のA4のファイルは使えないが,上で綴じると使えるので汎用性を考え上で綴じよう。なお,このときに印刷が反転されるようにしておくと見開きで4ページ分見れて使いやすい。
まとめ
・ 印刷枚数が少ない時は左綴じで左上をステイプラー
・ 印刷枚数が多い時は上綴じで上に穴をあけてファイルで保存
失敗したので次からは注意しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

LyXのPDF特性の利用