TeXの出力PDFにotfを埋め込む方法をみつけた

以前から何回かここでも話題にしたotf (Open Type Font)の導入について,国が無料で提供していてフリーで使えるotfのIPA(ex)をTeXで出力するときのPDFに埋め込む方法を見つけた。前みつけた方法だと,mapファイルの設定が違っていて,MSのフォントが埋め込まれてしまい完全フリーではなくなっていた。以下の奥村先生のサイトで導入の仕方(mapファイルの修正法)が書かれていたのを見つけた。
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/bibun5/
これでIPAexフォントが使える。MSのフォントから解放された!これからは和文フォントはIPAexですべて統一しようっと。中間報告前ぎりぎり間に合ってよかった。
なお,IPAexフォントは11月に入ってから更新された模様。以下のサイトからDLするとよいかも
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/ipaexfont/download.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です