otfパッケージの導入

研究室の論部執筆規則には見出しを「太字の明朝体」にしないといけないという決まりがあった。TeXではデフォルトではフォントの都合で太字の明朝や太字のゴシックは出力できない。なので,このままでは修論はWord に頼らざる得ない。
そのため,太字明朝を出力できるotf(Open Tyoe Font)パッケージというのを導入しようと以前(8/20)https://plus.google.com/100959984173869250851/posts/8ocj8ddUkjB
取り組んだが,その時は設定がよくわからずに2-3日かけたけど結局うまくいかなかった。

他の調べもの(LyXでのプログラムリストの書き方から始まり,フォントの設定など)をしていると,OTFの導入をしているサイトを発見。更新日時をみると8/31!約2週間後に出た情報だったとは…
http://d.hatena.ne.jp/chichimotsu/20120831

とにかく,太字明朝の問題は解決し,さらに節見出しの書式設定やページ番号の書式設定も調べた。なので,論文執筆の必要条件を満たしているので修論をLyXで書けるはず…!MSの力なんか借りないぞ~(笑)

本当は土日も研究を進めるつもりだったけれど,結局なにもしなかった…orz。就職活動や研究とかそのほかソフトの勉強とか時間が足りない気がする…。もっと早くアルバイトやめるべきだったな…。また頑張ろう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です