コマンド プロンプトやCygwinでftp接続する

 学内のネットワークから外部のftp サーバーにアクセスするには,proxyサーバーを通さないといけないということで設定がいる。
 ファイルをDLしようと思って[Download]リンクをクリックするとリンク先がftpでダメだったでござる…(自宅などからDLすれば簡単に解決するが,たまには学内でDLしたいときもあるよね。)
 このときDLしたいftpサーバーのアドレスは[Download]リンクにマウスを重ねると表示させるとわかる。

 Windows のコマンドプロンプトとCygwinからftpサーバーにつないでファイルをDLする手順をメモ
※fptサーバーに接続して一定時間操作をしないと勝手にタイムエラーでログアウトされるので注意。迅速にしよう。

・Windows
[コマンド プロンプト]を起動>以下のftpコマンドでプロキシに接続。今回は学校のプロキシ?ftp-proxy.kuins.netに接続
% ftp ftp-proxy.kuins.net
これを入力すると,続いてユーザー名を訊かれるので,以下のように入力。
% ftp@接続したいftpサーバーのアドレス

例えば以下のような感じ。ドメイン?まででOKです。
% ftp@ftp.unidata.ucar.edu

形式は[ユーザー名]@[接続先ホスト名]

その後,パスワードを訊かれるのでここでは自分のメールアドレスを入力する。
でもanoyomous login OK的なメッセージがでたら,入力せずにエンターキーでもいける。

入った後は,適当にcd やls コマンドでDLしたいファイルのあるところまで移動。
DLするときはget コマンドを利用する。
get ファイル名
get コマンドはどうやら保存先を指定しなければ,ユーザーのルートディレクトリ(C:\Users\Senoo\)に保存するようだ。
ftpでの細かいコマンドは以下を参照。
http://homepage2.nifty.com/mathpara/programing/ftpdos.htm
http://www.cc.u-tokai.ac.jp/FAQ/PC/ftp-command/ftp.html

・Cygwin
Cygwinではftpコマンドはない。代わりにそれより優れているらしいncftpコマンドで代用できる。
但し,Cygwin のデフォルトでの設定ではncftp はインストールされていないので,Setup でncftp をあらかじめインストールしておく。
まず,以下のように打つ。
$ ncftp
その後,接続したいftpサーバー名やIPアドレスを開く。
o -u ftp-proxy.kuins.net
アノニマスftpのときはオプション-uを-aにする?

その後,ユーザー名を訊かれるので入力する。
% ftp@接続したいftpサーバーのアドレス
例えば以下のような感じ。ドメイン?まででOKです。
% ftp@ftp.unc.edu
その後,パスワードを訊かれるのでここでは自分のメールアドレスを入力する。
でもanoyomous login OK的なメッセージがでたら,入力せずにエンターキーでもいける。

入った後は,適当にcd やls コマンドでDLしたいファイルのあるところまで移動。
DLするときはget コマンドを利用する。
get ファイル名
DL先は指定しなければホームディレクトリ下に保存される。
mget コマンドを使うと複数のファイルを一度にDLできる
mget *

参照:http://www.nurs.or.jp/~sugi/ftp3.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です