#mtgjp 購入報告 | はじめてのモックス

2019-10-21 Monにラクマでプロモ版《金属モックス/Chrome Mox》4枚1.6万円を購入した。

自分にとっては初めてのモックスで,とうとうモックスに手を出してしまった。

9月に開業準備でプリンターなどいろいろと買い物をしており,11月末期限の楽天スーパーポイントが9000ポイントが残っており,これの消化も兼ねている。タイミング良くラクマで不定期で突然配布される3 %割引券をもらえたので,ここがタイミングと購入した。

現在の相場では最安3000円くらいだ。ただし,状態がやや悪いものとなっている。今回はプロモ版のフォイルの《金属モックス/Chrome Mox》だったため,そこまで値下がりしないだろうとみて,この値段で購入を踏み切った。

《金属モックス/Chrome Mox》のテキストは以下の通りだ。

Chrome Mox / 金属モックス (0)
アーティファクト
刻印 ― 金属モックスが戦場に出たとき、あなたの手札にあるアーティファクトでも土地でもないカードを1枚、追放してもよい。
(T):その追放されたカードと共通する好きな色のマナ1点を加える。

手札を一枚消費することで,恒久的なマナ発生源となる。かのモックスの一種で,単色のストンピィ系デッキで採用され,トーナメントでの実績も多数あるカードだ。

レガシーだと赤単プリズン,赤単ペインターでの採用が目に付く。

既に過去の投稿で何回か言及している通り,《レンと六番/Wrenn and Six》の対策として,ヘイトベアーデッキで《水蓮の花びら/Lotus Petal》と併用して,1ターン目に2マナカードを展開するために必要なカードだ。

一時的な《水蓮の花びら/Lotus Petal》と異なり,恒久的なマナソースとして初手のキープ基準にできるのが強みだ。

2011年など学生の頃からエンジェル・ストンピィなどを組む上で必要だったが,当時から高額カードだったため,憧れのカードでもあった。このカードを4枚揃えたことで,金銭的に大人になったなと感じてしまった。初めて偽造カードのチェック (ライトチェック) までしてしまった。

このカードを入手できたことで,白のストンピィ系デッキを組むことが可能になった。ただし,このカードは有色カードを必要とするため,白エルドラージや《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》とは若干相性が悪い。無色カードが多いと色マナを出せないからだ。

そのため,白エルドラージは一旦お預けとなり,次のデッキとしてはヘイトベアーや装備リベリオンを組むことになるだろう。

装備リベリオンはスピードの遅さに課題を感じていたため,《金属モックス/Chrome Mox》の採用により,またチャンスがあるのではないかと期待している。

ヘイトベアーでは《ルーンの与え手/Giver of Runes》も必要なカードとなるので,こちらの購入もタイミングを見計らって行いたい。

《レンと六番/Wrenn and Six》の登場により,グリクシス・コントロール全盛期にもましてタフネス1クリーチャーの採用が難しくなってきている。そのため,白単としては《ルーンの母/Mother of Runes》の居場所がなく,タフネス2の《ルーンの与え手/Giver of Runes》を使わざるをえない。

相変わらず次回の大会参加予定は未定だが,デッキ構築案を練りながら,次回に備えたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です